工場の求人を勤務時間や就業内容で検討する際の選び方

自分のライフサイクルに合った勤務時間で働く

工場の主な業務は、製造や部品供給、ライン管理などの部署があります。工場によって勤務時間もまちまちですが、主には2、3交代制でシフト勤務が多いのが特徴です。中には、2交代制で夜間と日中で固定して勤務時間を組んでいるところもあります。シフト勤務では、1週間や1か月ずつ24時間を2から3交代で振り分けてシフトで組んで勤務にあたっています。固定式だと夜間か日中という時間で勤務時間が決まっているので、自分のライフスタイルが朝型か夜型かによって決めていくと生活時間が固定するので、生活リズムが整いやすいです。ただ、夜勤なので日中に睡眠時間を確保することが必要になります。

一方、シフト制については夜勤も日勤もシフトで勤務するので、週間や月間で生活リズムを整え身体を慣らす必要があります。しかし、夜勤も日勤も週や月のシフトによって自分の時間があり、シフトを事前に把握しておけば、日中の予定はたてやすくなります。

自分の得意なことや好きなことで就業内容を選ぶ

工場の求人ではほとんどの場合、24時間機器を稼働させて、そこで勤務することになります。就業内容にはラインで製品を製造したり、ライン上で商品や部品の供給を行うなどそれぞれ担当部署も分かれています。どの部署に就業するかは、工場によってまちまちです。就業も長く単調な仕事も多いので、自分がどんなことが好きなのか、得意とするかで選ぶことが大切です。例えば、黙々と一人で単調な作業が好きで細かな手仕事が得意な人であれば、製造を選ぶのも良いでしょう。また、ライン管理は製造全体の管理やシフト作成など力仕事ではないので、女性でも勤務しやすく、目配り、気配りして運営管理全般に行っていくので、工場での経験がある人には向いているでしょう。

以上のように自分が得意なことや比較的好きな作業やを選んでいくことは、工場で長く勤務していくことには必要かもしれません。就業内容や勤務時間を選択する際の参考の一つにしてみてください。